So-net無料ブログ作成
万年筆 ブログトップ

プライベートリザーブインクとミキシングキット [万年筆]

ずーっと悩んでいたのですが、楽天のポイントがたくさんたまったので買ってしまいました。
これで、ずーっとしまい込んでいた何本かの万年筆が使える!

2193334
箱。

2193338
上段左から「タンザナイト」・「ブルースエード」
下段左から「ブラックチェリー」・「グレイフラノ」

2193339
光に当ててみるとキレイです。

2193341
試し書き。
どの色もイメージ通りの色で気に入りました。
単色でもこの4色の組み合わせでもどの色も読みやすい。

2193331
ミキシングキットの箱。

2193332
中身です。
ミキシングレシピも入ってましたが、手持ちの色では作れず。
個人的にはイエローやオレンジ系の色も買ってからミキシングにチャレンジしてみたい。
これを注文するときには品切れで買えなかったのよね・・・












4本目・・・ [万年筆]

Lapita WHITE 4本目買ってきちゃった・・・
我ながらどうかと思う。

で、何で買ってきたかと言うと、これを早く使いたかったから。

2134572

これからカートリッジ装着!しまっす!

フランス革命万年筆?! [万年筆]

2099685

36 Sublo さんで購入した万年筆です。
Sublo さんによれば
1789年のフランス革命後200年を記念してつくられたレダン社製の・・・
ということですが、このレダン社、どなたかご存知ありませんか?
なんか手に入れた以上、もっと詳しく知りたいのですが検索しても見つからないし・・・もう存在しない会社なのでしょうか?
デッドストック物で、20年近く経っているわけですが、箱も含めとてもキレイな状態でした。
税込み5250円。

2099683

2099686

2099682

ヨーロッパタイプのインクカートリッジが2本と、革製のケースが付いていて、ペン先も金(実際はどうだかわからない)で木軸で・・・となかなかお買い得?でした。

2099697

2099698

早速使ってみようと、嬉々としてカートリッジを装着。
しばし待って書いてみると・・・ガーン!インク出ねぇ!!
うーん、どうしたものかと考えていて、
「あ、カートリッジも20年近く経ってるからか?」
と思い、カートリッジを抜き、念のためにペン先を水洗い、手元に転がっていた Lapita の WHITE のカートリッジを装着。
で、ようやく使えるようになりました。

イザ使えるようになると、フローも良く、とても書きやすい万年筆で、すっかりお気に入りになってしまいました。あとは木軸の色が変わってくれると良い味出そうなんだけどなあ。

今のカートリッジが無くなったら、エルバンのココアブラウンを入れてみようと思います。

・・・今、カートリッジ見てみたら、タイムリーなことにもうほとんど空だった。
今から替えてみます。

Lapita 付録万年筆 「WHITE」 [万年筆]

2099646

残念ながら休刊を発表した「Lapita」の最新号についている付録の万年筆です。
最近、万年筆に興味を持ったばかりのワタクシ、ネットを彷徨っていて「Lapita」にそういった付録が今までにもついていたことは知っていましたが、とてもタイムリーに新バージョンが製作されましたので、発売日に本屋へ飛んで行って確保してきました。

手の大きいワタクシには少々小さめですが、キャップをお尻に嵌めてやれば問題なく使用できました。
フローも良好、ひっかかりなども感じません。

白くてちっちゃくてカワイイヤツです。
気に入ったので、追加で2本確保。

ところで付属のカートリッジってどこのなのかしら。
割と好きな感じの色なんだけど・・・


タグ:文具 万年筆
万年筆 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます